腰痛に効く運動・腰痛でもできる運動

腰に負担をかけない運動

腰痛に良い運動というのは、腰に負担をかけない運動と、ある程度負担をかけて鍛えていく運動があると言えるでしょう。

腰に負担をかけないというのは、プールなどの水の中での運動になると言えます。

当然ある程度の腰への負担はありますが、地上での運動に比べて腰への負荷というのは非常に小さくなります。

しかし、体全体、普段使わない筋肉を鍛えていくことができるため、全身での腰痛予防にすることができると言えるでしょう。

体の中の筋肉が弱ってしまうことで、腰痛が起こってしまうことはあります。

水中の中での運動を取り入れることで、効果的に鍛えていくことができるようになると言えるでしょう。

体の中の筋肉だけではなく、体の表面の筋肉もしっかりと鍛えることができる、また心肺機能も高めていくことができるため、泳げない人でも、安全な環境で、プールでのウォーキングをしていく必要はあると言えるでしょう。

毎日運動をすると関節が痛くなってしまう人などにもお勧めできると言えるでしょう。

ある程度腰に負担のある鍛え方としても、腹筋運動や、懸垂運動があると言えます。

これらは負荷が大きくなるため症状が大きい場合には、してはいけない場合が多いですが、症状が落ち着いてきた、治療が進んできた段階で、行なっておくと、筋肉を効果的に鍛えていくことができるようになり、それによって、腰痛予防をすることができるようになると言えるでしょう。

このような運動をしておくことが腰痛を長期的に抑制してく、腰痛の発生を予防していくことになります。

腰痛が大きくある時には、運動はしてはいけない場合が多い

腰痛の症状が大きくある場合には、運動はしてはいけない場合があると言えます。手術をした直後などは禁忌になっている場合もあるため注意が必要です。

運動をすれば良いというわけではなく、治療過程をしっかりと把握して、適した運動をしていくことがとても重要になります。万が一治療過程に適していない運動、体がしっかりとできていないのに、厳しい運動をしてしまうようなことがあると腰痛の悪化につながってしまいます。

体が運動に慣れていない場合には、厳し過ぎる運動はしてはいけません。

プールでのウォーキング運動などの運動で体をまず慣らさせていきながら、少しずつ運動の負荷を上げていく必要があると言えるでしょう。

段階的に負荷を大きくしていくことができないと、筋肉への負荷が大きすぎ、関節を痛めてしまう(腰以外でも膝や肘など)こともあると言えるため大きな注意が必要です。

タグ

2014年6月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:腰痛の知識

妊娠初期の腰痛について

女性にしかわからない痛み

妊娠によって腰痛が出てくる場合もあると言えます。

この妊娠初期の腰痛というのは、妊娠をすることによるからだの変化に対して、からだがしっかりと適応している証拠でもあると言えるでしょう。

妊娠をしていくと、骨盤周囲の靭帯が緩んでいきます。こうすることで、妊娠にあわせた体に変化をさせていっていると言えるでしょう。

しかし、骨盤周囲の靭帯が緩んでしまうようなことがあると、それは体の不安定さにつながることになります。骨盤が緩んでしまうと、体の安定性というのは基本的に失われてしまいます。(姿勢を正していく時に、

骨盤矯正をしていくというのは、骨盤が姿勢に大きく影響しているからであると言えるでしょう)

この骨盤の緩みの影響をなくしていくために、筋肉が緊張することで、骨盤を安定させていこうとします。しかし、筋肉の緊張というのは、肩こりなどで見られるように、痛みにつながってしまいます。そのため、妊娠初期というのは腰痛が起こってしまうこともあると言えるでしょう。(妊娠期間長期的に腰痛を抱えてしまうこともあると言えるでしょう)

妊娠による痛みによって、歩行などが難しくなってしまう場合もあります。無理をしてしまうのではなく、専門家に相談をしたりすることは必要になると言えるでしょう。

体をひやさないことがとても大切

妊娠中というのは体をひやさないことがとても大切です。

これは妊娠をしているということから重要であるとも言えますが、腰痛の視点から見ても重要になると言えるでしょう。

適した温度で過ごせるように環境を工夫していったり、自分で改善していく必要はあるでしょう。

妊娠中というのは、それだけでも体の負担というのは大きくあると言えるでしょう。

しかしそれに加えて、腰痛が出てきてしまうと、より負担というのは大きくなってしまうと言えます。

負担をできるだけ小さくしていくためには、体を冷やさないなど細かなことに注意を向けておく必要はあると言えるでしょう。

妊娠によるからだの変化というのは、出産をすることで元に戻っていくこともありますが、人によって個人差はあります。

また妊娠をきっかけにして出てくる症状が長期的に長引いてしまうこともあります。

長く症状が出てしまっていても、改善を意識していくことで、多くの場合、症状は改善していくと言えるでしょう。

妊娠による腰痛がひどくなっている場合には、決して無理をしてはいけないと言えるでしょう。体調の悪化につながってしまうこともあります。

タグ

2014年6月27日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:腰痛の知識

腰痛持ちに適する寝具は?

腰痛持ちに適する寝具は?

毎日使うものだから慎重に選びたい。

腰痛を持っている人の寝具というのは、固すぎず、柔らかすぎずのものになります。

柔らかすぎる布団というのは、体にかかる負担が大きくなり(一箇所に大きな負担がかかるようになってしまう場合があります)、腰痛を引き起こしてしまうことがあります。

また肩こりなどでよく言われる、枕ですが、枕も自分の体に合っていないと、それが腰痛に発展してしまうこともあります。

首に対する負担、肩に対する負担というのは、体全体に影響し、腰にまで影響が出てきてしまうこともあります。

枕があっていないと、腰痛を引き起こしてしまうこともあると言えるでしょう。

そのためある程度の固さであり、なおかつ自分にあった枕を選んでいく必要があるでしょう。

この二つを満たしていない場合、寝ているだけで腰に対する負担というのは大きくなってしまうでしょう。

また重要になってくるのが寝返りのうち安さになります。

寝返りをすることができないと、それは体の痛みや、不調につながってしまうと言えるでしょう。

寝返りが打ちにくい、自分の体の大きさにあっていない布団、あるいは、布団の上に多くのものがある場合、寝返りは打ちにくくなります。

そのため寝る場所というのは、スッキリさせておく必要があると言えるでしょう。

布団も重くなりすぎないようにしておく

寝ている時ではないのですが、布団の重さというのも大切になります。

布団を干す時というのは意外と重労働になってしまうことが多く、それによって腰を痛めてしまうことはあります。

布団干しをしやすくするために、ある程度軽い布団を選んでおくのも良いでしょう。

体に合った、布団にしておくことも大切であり、体にあっていないと、持ち運ぶ時も大変になってしまいます。

大きければ良いということではないため注意が必要になるでしょう。

腰痛を予防していく場合、姿勢を正しくしていくということはとても大切になります。

姿勢を正しくすることができないと、いくら、予防をしてもその効果というのは半減してしまうと言えるでしょう。

多くの予防方法が現代ではありますが、それらは姿勢を正しいものにしてこそ効果を発揮していくと言えるため、寝ている時含めて、姿勢を正しく保てるような工夫は必要になります。

朝起きた時に、体中が痛いという場合には、少し注意が必要となります。

寝具を始めとして、寝方を見直してみることをオススメします。

特に腰痛が出てくる場合には注意が必要になるでしょう。

タグ

2014年6月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:腰痛の知識

腰痛から「がん」が発見されるケースもある?

腰と関係している部位の病気

腰痛というのは基本的に、骨や筋肉による原因が多いですが、中には大きな病気が隠れていると言えるでしょう。

そのような中には、「がん」も含まれます。

がんの中でもすい臓がんなどが、腰痛と大きく関係してくることがあります。

すい臓による炎症などによって、腰痛に痛みが出てきてしまうことになります。

このような痛みは、通常の腰痛とあまり変わらないと感じてしまうことも多いです。

しかしすい臓がんなどは進行が早いため、このようなちょっとした状況、変化、痛みで気付いておくことがとても大切になります。

内臓などによる痛みと、基本的な腰痛の違いとしては、どの様な姿勢でも痛みがある、腰から背中にかけて痛みがあるという特徴があります。

このような痛みがあれば、必ず「がん」などが絡んでいるとは言えませんが、少し注意をしておく必要があるでしょう。

またすい臓がんだけではなく、他のがんが絡んでいることもあると言えるでしょう。

腰痛だけではなく、他の症状が出てきた場合には大きな注意が必要

腰痛だけである場合には、筋肉や骨だけの問題であることが多いですが、胃の痛みを感じたり、体重が大きく減少してしまうようなことがあったりした場合には非常に注意が必要であると言えるでしょう。

食欲や、倦怠感などが出てきた場合には、一度内科などで診察してもらったほうが良いでしょう。

「がん」による痛みというのは、マッサージや運動による治療で消えることは当然ありません。

原因が、がんなどの、病気であるため、それらを改善しない限り症状が消えることはないと言えるでしょう。

どのような治療をしても、効果がない、痛みのほかに症状が出てくる、明らかに体調の変化が大きくなっているという場合には、「がん」の可能性をはじめ、他の内臓の疾患が隠れている可能性はあります。

精密検査を受けておく意義というのは非常に大きくあると言えるでしょう。

内臓の疾患は、早期発見が非常に大切です。通常の腰痛とは違う、腰痛も早期発見の信号であると言えるでしょう。

このような信号を身としてしまわないように注意をしておく必要があるでしょう。

通常の腰痛でも、ヘルニアや、脊椎に影響がある腰痛の場合も、腰痛だけではなくさまざまな症状が出てくる場合はあります。

腰痛以外に症状がある場合には、どのような症状であれ一度診察してもらうことをオススメします。

異常にどれだけ敏感になれるかは、健康を守っていくために必要なことです。

タグ

2014年6月20日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:腰痛の知識

腰痛とヘルニアの違いとは?

椎間板ヘルニアというのは、腰椎部分で起こってくると、それが原因で激しい痛みを引き起こしてしまうこともあります。またしびれや機能不全につながってしまうこともあり、大きな症状になると言えるでしょう。症状があまりにも大きい場合には、手術などが必要になる場合もあります。

運動による治療ができる場合もあれば、手術が必要になる場合もあり、個人差が大きく出てくる症状であると言えるでしょう。

腰痛とヘルニアは何が違うのかということですが、腰痛というのはヘルニアを含めた、腰の痛みの総称であると言えるでしょう。

そのため腰痛の原因というのはさまざまであり、ヘルニアであることもあれば、筋肉痛や、病気が関連してきていることもあります。

腰痛というだけで、特定の治療方法を実践したりすることはなく、どのようなことから来ている腰痛であるのかを把握してから、専門的な治療をしていくことになります。

筋肉通による腰痛というのは、基本的に休息を取っていくことで症状が良くなっていく可能性は大きいですが、ヘルニアなどの、機能的な原因がある、病巣があるというような場合には専門的な治療をしないと、改善はなかなか難しくなってしまうと言えます。
放置をしておくと、症状がひどくなってしまう場合もありますが、多くの場合放置することができないような大きな症状が出てきてしまうものです。

運動のし過ぎ、急に力を入れたことによる腰痛が、大きな症状につながってしまうことも。

基本的に常に体を動かしている人、鍛えている人であれば、腰を痛めてしまう可能性とうのは少なくなるのですが、あまりにも負荷が大きい場合、あるいは苦しい姿勢でいることが多い場合には、激しい運動が、腰痛の原因になってしまうことはあります。

成長期の時に、腰痛を引き起こしてしまう人も少なくありません。腰痛というのは予防、改善をしていける症状であるため、症状が出てきた時には、できるかぎり、治療に専念をしていったほうが良いでしょう。

ちょっとした無理がどんどん蓄積していってしまい、それが大きな症状になってきてしまうこともあると言えるでしょう。若い人の場合には無理をしてしまいがちです。ヘルニアも、無理をしてしまうことで急激に症状が進行してしまうこともあります。

腰痛は、高齢者の症状と思ってしまう人もいるかもしれませんが、若い人こそ大きな注意が必要であると言えます。

ヘルニアも腰痛の中のひとつになることを意識し、腰痛が出てきた時には、しっかりと休息を取っておきましょう。

タグ

2014年6月10日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:腰痛の知識

このページの先頭へ