腰痛に効く運動・腰痛でもできる運動

腰に負担をかけない運動

腰痛に良い運動というのは、腰に負担をかけない運動と、ある程度負担をかけて鍛えていく運動があると言えるでしょう。

腰に負担をかけないというのは、プールなどの水の中での運動になると言えます。

当然ある程度の腰への負担はありますが、地上での運動に比べて腰への負荷というのは非常に小さくなります。

しかし、体全体、普段使わない筋肉を鍛えていくことができるため、全身での腰痛予防にすることができると言えるでしょう。

体の中の筋肉が弱ってしまうことで、腰痛が起こってしまうことはあります。

水中の中での運動を取り入れることで、効果的に鍛えていくことができるようになると言えるでしょう。

体の中の筋肉だけではなく、体の表面の筋肉もしっかりと鍛えることができる、また心肺機能も高めていくことができるため、泳げない人でも、安全な環境で、プールでのウォーキングをしていく必要はあると言えるでしょう。

毎日運動をすると関節が痛くなってしまう人などにもお勧めできると言えるでしょう。

ある程度腰に負担のある鍛え方としても、腹筋運動や、懸垂運動があると言えます。

これらは負荷が大きくなるため症状が大きい場合には、してはいけない場合が多いですが、症状が落ち着いてきた、治療が進んできた段階で、行なっておくと、筋肉を効果的に鍛えていくことができるようになり、それによって、腰痛予防をすることができるようになると言えるでしょう。

このような運動をしておくことが腰痛を長期的に抑制してく、腰痛の発生を予防していくことになります。

腰痛が大きくある時には、運動はしてはいけない場合が多い

腰痛の症状が大きくある場合には、運動はしてはいけない場合があると言えます。手術をした直後などは禁忌になっている場合もあるため注意が必要です。

運動をすれば良いというわけではなく、治療過程をしっかりと把握して、適した運動をしていくことがとても重要になります。万が一治療過程に適していない運動、体がしっかりとできていないのに、厳しい運動をしてしまうようなことがあると腰痛の悪化につながってしまいます。

体が運動に慣れていない場合には、厳し過ぎる運動はしてはいけません。

プールでのウォーキング運動などの運動で体をまず慣らさせていきながら、少しずつ運動の負荷を上げていく必要があると言えるでしょう。

段階的に負荷を大きくしていくことができないと、筋肉への負荷が大きすぎ、関節を痛めてしまう(腰以外でも膝や肘など)こともあると言えるため大きな注意が必要です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月30日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:腰痛の知識

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ