腰痛持ちに適する寝具は?

腰痛持ちに適する寝具は?

毎日使うものだから慎重に選びたい。

腰痛を持っている人の寝具というのは、固すぎず、柔らかすぎずのものになります。

柔らかすぎる布団というのは、体にかかる負担が大きくなり(一箇所に大きな負担がかかるようになってしまう場合があります)、腰痛を引き起こしてしまうことがあります。

また肩こりなどでよく言われる、枕ですが、枕も自分の体に合っていないと、それが腰痛に発展してしまうこともあります。

首に対する負担、肩に対する負担というのは、体全体に影響し、腰にまで影響が出てきてしまうこともあります。

枕があっていないと、腰痛を引き起こしてしまうこともあると言えるでしょう。

そのためある程度の固さであり、なおかつ自分にあった枕を選んでいく必要があるでしょう。

この二つを満たしていない場合、寝ているだけで腰に対する負担というのは大きくなってしまうでしょう。

また重要になってくるのが寝返りのうち安さになります。

寝返りをすることができないと、それは体の痛みや、不調につながってしまうと言えるでしょう。

寝返りが打ちにくい、自分の体の大きさにあっていない布団、あるいは、布団の上に多くのものがある場合、寝返りは打ちにくくなります。

そのため寝る場所というのは、スッキリさせておく必要があると言えるでしょう。

布団も重くなりすぎないようにしておく

寝ている時ではないのですが、布団の重さというのも大切になります。

布団を干す時というのは意外と重労働になってしまうことが多く、それによって腰を痛めてしまうことはあります。

布団干しをしやすくするために、ある程度軽い布団を選んでおくのも良いでしょう。

体に合った、布団にしておくことも大切であり、体にあっていないと、持ち運ぶ時も大変になってしまいます。

大きければ良いということではないため注意が必要になるでしょう。

腰痛を予防していく場合、姿勢を正しくしていくということはとても大切になります。

姿勢を正しくすることができないと、いくら、予防をしてもその効果というのは半減してしまうと言えるでしょう。

多くの予防方法が現代ではありますが、それらは姿勢を正しいものにしてこそ効果を発揮していくと言えるため、寝ている時含めて、姿勢を正しく保てるような工夫は必要になります。

朝起きた時に、体中が痛いという場合には、少し注意が必要となります。

寝具を始めとして、寝方を見直してみることをオススメします。

特に腰痛が出てくる場合には注意が必要になるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:腰痛の知識

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ